« 『Black Rose』 1976 | トップページ | 『Restless Nights』 1979 »

2020年8月 4日 (火)

『Your World and My World』 1981

このアルバムはAOR(Adult-Oriented Rock)として、実に懐かしい優れもののアルバム。この盤も「AORの古き良き時代」を彩る佳作盤の一枚である。

Albert Hammond『Your World and My World』(写真)。1981年リリース。アルバート・ハモンドが、TOTOのメンバーなどの西海岸のミュージシャンをバックに完成させたアルバム。邦題は『風のララバイ』。原題『Your World and My World』が、なぜ、日本語に訳して『風のララバイ』になるのかは判らない(笑)。

「マリン・ブルーが輝く時、オフショアに白い波が咲く。そして、エンドレス・サマーの夢が始まる」という、LP時代の「帯コピー」は時代がかっていて、かなり赤面ものです。よくこんな歯の浮くような文言を平気で並べたものですね〜。加えて、曲毎の邦題についても「苦笑もの」があって、如何にAORが「雰囲気優先」だったかが判ります。でもな〜、この辺りの邦題はちょっと行き過ぎですよね(笑)。

個人的には、学生時代にとにかく聴きまくった「懐かしのAORアルバム」。ソフト・ロックの佳作としても評価出来る、爽快感溢れる「大人のロック」。
 
 
Your_world_and_my_world
 
 
英国出身のシンガー・ソングライターとして、「カリフォルニアの青い空」で一世を風靡したアルバート・ハモンドが、その曲の雰囲気そのままに、当時のAORの流行にのって、全篇に渡るソフト・ロックでポップなフィーリングが心地良い、実に雰囲気の良いアルバムである。

AORと並行してパンクが流行っていた時代だが、パンクは好きになれなかった。確かにロックの原点は「反抗・主張・女」なんだが、もうそんな歳でもなかったし、ロックを見限って、ジャズに走っていた頃だったので、ロックと言えば「AOR」。特に、カーステで聴くのは、絶対と言って良いほど「AOR」だった。

このアルバート・ハモンドの『風のララバイ』は、まず、ジャケットが良い雰囲気。そして、内容は、と言えば、あの「カリフォルニアの青い空」そのままのハモンドが、米国西海岸系のAORな演奏にのって、実にオシャレに、ナイーブに歌い紡いでいく。どの曲がどうという訳じゃないのだが、アルバム通しての雰囲気が、僕の好みに実にフィットする。

ちなみに、AORでポップロックな雰囲気を想起させる「白い砂浜と印象的な木陰とブランコ」といったジャケットは、日本制作のジャケットです。米国では全く違ったデザインです(写真右)。これはどう見ても、日本制作のジャケットの方がセンスが良いですね。
 
 
 
東日本大震災から9年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 『Black Rose』 1976 | トップページ | 『Restless Nights』 1979 »

Albert Hammond」カテゴリの記事

英国のAOR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『Black Rose』 1976 | トップページ | 『Restless Nights』 1979 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。