« 四人囃子の『Golden Picnics』 | トップページ | チューリップ『無限軌道』 »

2024年1月 8日 (月)

チューリップ『ぼくがつくった愛のうた』

チューリップの代表的名盤として、そして、当時、日本のロック雑誌の権威、ミュージック・ライフ誌の「ベストアルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれた、我が国フォーク・ロックの古典的名盤『Take Off -離陸-』をものにしたチューリップ。次なるアルバムで、チューリップ・サウンドの確立を捉えることになる。

チューリップ『ぼくがつくった愛のうた』(写真左)。1974年10月のリリース。4枚目のスタジオ録音盤。「心の旅」の大ヒットを受けて、そのご褒美的に、一部の楽曲はイギリスのEMIレコーディング・スタジオとスコーピオ・スタジオでレコーディングしている。

2111年を舞台にしたメンバー5人の子供達が主人公の物語をベースに、収録曲に準えて物語が進行していく「コンセプト・アルバム」。収録された楽曲それぞれ、良く練られたもので、演奏を含めてとても出来が良い。

全英語詞の短い静かで流麗な曲「ひとつの星」がオープニング。続く「私のアイドル」は、ビートルズやビーチ・ボーイズへのリスペクトを感じる、いかにもチューリップらしいロックンロールな曲。後にライヴでの定番曲となる名曲である。そして「なくした言葉」は、ストリングスのアレンジとコーラスワークが際立つバラード曲。

この冒頭の3曲の流れだけでも、この「コンセプト・アルバム」の出来の良さが感じられる。同時発売のヒットシングルである「ぼくがつくった愛のうた」は、チューリップの名曲中の名曲。コーラス・ワーク、姫野さんのボーカル、曲の構成、どれもが「チューリップ」で統一されている。
 

Photo_20240108171501   

 
デビュー当初は財津さんがメインだったが、このコンセプト・アルバムではメンバーの個性が発揮され始めている。吉田彰の「この暗闇の中」、姫野達也の「ここはどこ」、安部俊幸の「踊り娘」、上田雅利の「走れ!ムーン号」。それぞれの個性が反映された、ユニークな楽曲が提供されている。これらが、この「コンセプト・アルバム」の中で、良いアクセントになっている。

チューリップ自身が、ビートルズに大きな影響を受けていることは、本人たちも公言していた。実際にも、そのサウンドや曲調など、ビートルズのエッセンスを感じる部分は多かった。が、チューリップは決して「ビートルズのコピー・バンド」では無い。ビートルズのエッセンスを上手く織り交ぜつつ、チューリップならではオリジナリティーを発揮する。財津さんのソングライティングは絶妙である。

日本のバンドの中で、これだけ、ビートルズのエッセンスを自家薬籠中のものとし、独自の個性を確立したバンドは他には無い。それがチューリップの一番の存在意義であり、チューリップのサウンドが未だに古さを感じさせない所以だろう。この「コンセプト・アルバム」を聴けば、それが良く判る。

このコンセプト・アルバム『ぼくがつくった愛のうた』は、前作『Take Off -離陸-』と併せて、チューリップ・サウンドの確立を捉えた名盤だろう。この2枚は今の耳にも十分に耐える。素晴らしい耐久性を持った日本のフォーク・ロックの傑作である。

当時のLPには、大型ブックレット(絵本)が付いている。これもなかなかの出来なんだが、その分、L P自体の値段も200円ほど高かった。同じLPなのになあ、となんか納得いかなかったのを覚えてます(笑・高校生の身分には数百円は堪える)。

ちなみに、ロンドンでのレコーディングには日本航空が全面協力しており、ブックレットには日本航空のロゴと、全面協力についての記述が掲載されています。これも当時としてはユニークでした。まあ、今では、このタイアップ形態が踏襲されたアルバムは無いですけど(笑)。
 
 

★東日本大震災から12年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 四人囃子の『Golden Picnics』 | トップページ | チューリップ『無限軌道』 »

チューリップ」カテゴリの記事

ニューミュージック」カテゴリの記事

フォーク・ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四人囃子の『Golden Picnics』 | トップページ | チューリップ『無限軌道』 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。