2022年3月13日 (日)

遠い昔、懐かしの『地底探検』

高校時代、プログレ小僧だった僕はキーボード奏者が大のお気に入り。当時、プログレのキーボード奏者と言えば、EL&Pのキース・エマーソンとYESのリック・ウェイクマンが人気を二分していた。 僕はリック・ウェイクマン派だった。イエスの『こわれもの』と『危機』のウェイクマンのキーボードに驚き、惚れた。そして、リック・ウェイクマンのソロを聴きたくなった。そして手に入れたのが、当時、リック・ウェイクマ...

» 続きを読む

2021年8月11日 (水)

『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

1970年代ロックで特徴的なのは、プログレッシブ・ロック(省略形は「プログレ」)。の隆盛と衰退。ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、イエス、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)、ジェネシスなど、相当数のプログレ・バンドが1970年代には存在した。 さて、そもそもプログレッシブ・ロックとは何か。簡単に言えば「電子楽器を駆使した交響楽的な音楽」と形容できる。ジャズやクラシックの要...

» 続きを読む

2021年6月10日 (木)

イエスの原点となるアルバム

邦題で単純に「サード・アルバム」と呼ばれている『The Yes Album』(写真左)。1971年3月のリリース。タイトルから類推される通り、このアルバムが、今に至るイエスの原点となるアルバムということになる。デビュー以来、以降、お家芸となるメンバー・チェンジを初めて経験している。 以降のイエス・サウンドの要を成すギタリスト、スティーヴ・ハウがこのアルバムから加入。オリジナル・メンバーであり、ギタ...

» 続きを読む

2021年3月 6日 (土)

Yes Songs Side E & Side F

英国のプログレ・バンド、イエスの傑作ライブ『Yes Songs』のLPでいうところの「Side E & Side F」である。 この「Side E & Side F」は、一言で表現すると「大団円」である。イエスのそのテクニック、その構成力、そのドラマチックな展開がふんだんに味わえる。これぞ、イエスの「構築美」ここに極まれり、って感じ。 Side Eの前面を占める「Close to ...

» 続きを読む

Yes Songs Side C & Side D

英国のプログレバンド、イエスの傑作ライブ『Yes Songs』のLPでいうところの「Side C & Side D」である。プログレならではの長尺物で、心ゆくまで弾きまくっているんだから、メンバーのソロのパートなんて必要ないだろう、と思うんだが、イエスの連中は、やるんですね〜、ソロ・パートを(笑)。 冒頭はギターのスティーブ・ハウ。4枚目のオリジナルアルバム『こわれもの』で披露したソロ・パ...

» 続きを読む

2021年2月 9日 (火)

Yes Songs Side A & Side B

今を去ること約半世紀前、僕が高校1年生の時、プログレ小僧となって以来、一番聴いたアルバムは、と問われれば、『Yes Songs』を挙げる。LP3枚組の超弩級のアルバムなんだが、46分のHiFiのカセットテープに、LP片面ずつダビングして、カセットテレコで、カセットデッキで、家で、学校で、喫茶店で、よく聴いた。 イエスは、演奏テクニックが素晴らしく、楽曲は、プログレらしい、クラシック組曲風の長尺物が...

» 続きを読む

2021年1月22日 (金)

The Band『Stage Fright』

我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」。秋から冬にかけてのブームは「The Band」。 事の発端は、高校3年生の晩秋に遡る。文化祭の後、高校3年生のけじめとして好きな女の子に振られ、受験勉強の拠り所を無くした松和のマスターは、やけになって持てる小遣いを叩いて、LPを2枚買う。一枚は、なぜか、オフコースの「Song Is Love」。そして、もう一枚は「The Best Of Th...

» 続きを読む

2020年12月 8日 (火)

ジョン・レノンの40回目の命日

今年も12月8日がやってきた。ジョン・レノンの40回目の命日である。 1980年12月8日(月)22時50分、ジョンはダコタ・ハウスの前で撃たれた。失血性ショックによりルーズヴェルト病院で23時すぎに死亡した。満40歳没(享年41)。今年で逝去後40周年になる。 あれから40年が経ったのか。ジョンが生きていたら80歳。長生きだったら、まだ生きているよな。40歳で死ぬなんて、あまりに早過ぎる「死」だ...

» 続きを読む

2020年10月 8日 (木)

The Band の「最高傑作」盤

ザ・バンドは、カナダ人4人(Robbie Robertson (gu, vo), Richard Manuel (key, ds, vo), Garth Hudson (key, accordion, sax), Rick Danko (b, vo, fiddle))とアメリカ人1人(Levon Helm (ds, vo, mandolin, g))の5人編成。この編成で極上の「米国ルーツ・ロック...

» 続きを読む

2020年9月 2日 (水)

『The Best of The Band』

高校1年生の夏、EL&Pの『展覧会の絵』を体験して、プログレ小僧になった。そして、高校2年の秋からロックの志向が大変化して、スワンプや米国ルーツ・ロックが好きになっていった。そんな中、米国ルーツロックの最高峰「ザ・バンド(The Band)」との出会いって、何時だったのだろう。僕とザ・バンドとの出会いは何時のことだったか、と昔の記憶をたどり始めた。あれは確か、1976年の秋だったと思う。 ...

» 続きを読む

«『Music From Big Pink』

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。