« 後世に語り継ぐべき「タルカス」 | トップページ | ELP「恐怖の頭脳改革」である »

2020年3月 2日 (月)

クールで大人な『トリロジー』

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer、略して「ELP」)の最大の魅力は、やはり、キース・エマーソンのキーボード。特にハモンド・オルガンとモーグ・シンセサイザーについては、他の追従を許さないものがある。特に、モーグ・シンセは、1960年代後半から録音に使われ出した「新しい楽器の音」だった。ロックでは、ELPのアルバムが、この「新しい楽器の音」を体験するのに手っ取り早かった。

Emerson, Lake & Palmer『Trilogy』(写真左)。ELPの4枚目のオリジナル盤。1972年の作品。ジャケットのメンバー3人が合体した様なコンセプトの絵画調の図案はヒプノシスのデザイン。僕はこの盤を1975年の正月に購入した。ELPのアルバムの中で、記念すべき、初めて自分で購入したアルバムになる。何故、自分で購入したか。この盤だけ、僕の周りに持っている人がいなかったからである。

実はこの盤を初めて聴いた時、「失敗したなあ」と思った。アルバム全体の演奏の雰囲気が「地味」なのだ。ELPのアルバムは、この盤を除いて、演奏にメリハリが効いていて、展開や取り回しが大胆かつダイナミック。不思議とこの『Trilogy』だけが「地味」というか「落ち着いている」のだ。ロックを聴き始めて、まだ1年にも満たない、当時の僕としては、これは「大失敗」だと思った。よって、暫く「お蔵入り」となる(笑)。この盤の魅力に気がついたのは、社会人になって15年位経った、音楽を聴く耳もそれなりに成熟した頃である。
 
 
Trilogy-1  
 
 
この盤はキースのモーグ・シンセサイザーが本格的に活躍している盤である。それまでは、曲のほんの一部に効果的に挿入されたり、SE的に使われたりしていたが、本格的にメインの旋律楽器として使われていることは無かった。しかし、この盤では大活躍。シンセの旋律は繊細であり、独特の透明感がある。太い音でもどこか透き通った感があり、この繊細さと透明感の音質が、この盤全体の演奏の雰囲気が「地味」に感じたのだ、と気がついた。これは「地味」では無い。「クール」なのだ。

セカンド盤ではあまり感心しなかった小曲も、この盤ではなかなかの内容に仕上がっている。特に4曲目の「From the Beginning」については、グレッグのアコギが最高のパフォーマンス。グレッグの歌唱も素晴らしく、クロージングのキースのシンセのソロがこれまた渋い。グレッグのボーカルと言えば、8曲目の「Living Sin」も良い感じ。「The Sheriff」や「Hoedown (Taken from Rodeo)」などのインストの小曲も出来は良好。

それなりに成熟した「音楽を聴く耳」を持って、「The Endless Enigma(永遠の謎)」や「Trilogy」「Abaddon’s Bolero」がキースのシンセの名演であることが理解出来る。この『Trilogy』には、20分強にも及ぶ壮大な展開の大作組曲は無いが、様々な音楽ジャンル(カントリー、ブルース、現代クラシック、バロック、ハード・ロック、ラテン、ウエスタン、ホンキートンク)が、散漫にならずに、しっかりと融合された、クールで大人なプログレッシブ・ロック盤です。
 
 
 
東日本大震災から8年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 後世に語り継ぐべき「タルカス」 | トップページ | ELP「恐怖の頭脳改革」である »

プログレッシブ・ロック」カテゴリの記事

Emerson, Lake & Palmer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後世に語り継ぐべき「タルカス」 | トップページ | ELP「恐怖の頭脳改革」である »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。