« 『The Best of The Band』 | トップページ | ジョン・レノンの40回目の命日 »

2020年10月 8日 (木)

The Band の「最高傑作」盤

ザ・バンドは、カナダ人4人(Robbie Robertson (gu, vo), Richard Manuel (key, ds, vo), Garth Hudson (key, accordion, sax), Rick Danko (b, vo, fiddle))とアメリカ人1人(Levon Helm (ds, vo, mandolin, g))の5人編成。この編成で極上の「米国ルーツ・ロック」を奏でるのだから面白い。様々な米国のルーツ音楽を取り入れた「小粋で渋いロック」をするバンドなのだが、生粋の米国人は一人しかいない。

しかし、ザ・バンドの演奏する「米国ルーツ・ロック」は、そのジャンルにおいては未だに最高峰に位置し、米国ロックという範疇の中でも「レジェンド中のレジェンド」的位置づけのバンドであることは間違い無い。1960年代後半に出現した「スワンプ・ロック」の要素を強く感じさせるが、ザ・バンドの音世界はその「スワンプ」の範疇に留まらず、幅広に米国ルーツ音楽を取り入れ、ザ・バンド独特のオリジナリティー溢れる「米国ルーツ・ロック」として「独立峰」の如く君臨している。

『The Band』(写真左)。自らのバンドをタイトルに冠したアルバムがある。1969年の作品。デビュー盤『Music from Big Pink』に次ぐ、ザ・バンドのセカンド盤である。デビュー盤は「ザ・バンド with ボブ・ディラン」の雰囲気が仄かに漂い、少なからずディランの影響を聴くことが出来たのだが、このセカンド盤については、完全に「ザ・バンドの音」で統一されている。自らのバンドをタイトルに冠したのも、そうした事情によるものだと推測している。
 
 
The-band-album  
 
 
全曲、珠玉の名曲揃い。冒頭「Across the Great Divide」から、ラスト曲「King Harvest (Has Surely Come)」まで、米国ルーツ・ロックのお手本がずらり、12曲が並ぶ。CDリイシュー時にボートラが追加されていて、正式なアルバム収録曲が判り難くなっているが、アルバムを聴く折には、このオリジナルの12曲で留めたい。ボートラの演奏とは全く事前の異なる、上質の「米国ルーツ・ロック」の名曲名演がオリジナルとして君臨している。

どの曲がどうとか、こうとか、言うつもりは毛頭無い。全曲が素晴らしいのだ。米国の原風景を、幅広に米国ルーツ音楽を取り入れ(アコーディオンやフィドル、マンドリンの活用などもその一環)つつ、ロックのリズム&ビートに乗せて、小粋に渋く演奏していく。もちろん演奏テクニックは全員高い。ロックにありがちな「演奏テクニックに課題がある」なんてことは無い。相当に洗練されたロックンロールの音作りがそれを証明している。

最近、米国ルーツ・ロック志向のポップスが米国で流行っているが、その大きな源のひとつが、この「ザ・バンド」である。その「ザ・バンド」の自らのバンドをタイトルに冠したアルバムがこのセカンド盤。極端に言うと、ザ・バンドを体験するには「この一枚」でも事足りる。ザ・バンドという米国ルーツ・ロックのレジェンド中のレジェンドの「最適なサンプル」がこの盤に詰まっている。シンプルなデザインのジャケも渋くて良好。名盤である。
 
 
 
東日本大震災から9年7ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 『The Best of The Band』 | トップページ | ジョン・レノンの40回目の命日 »

The Band」カテゴリの記事

米国ルーツ・ロック」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
やっぱり 2ndですよね
うれしくなりました
週末にザ・バンドの映画を見に行く予定です

来月はジョンの命日ですね
また訪問させて頂きますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『The Best of The Band』 | トップページ | ジョン・レノンの40回目の命日 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。