« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月の記事

2021年2月 9日 (火)

Yes Songs Side A & Side B

今を去ること約半世紀前、僕が高校1年生の時、プログレ小僧となって以来、一番聴いたアルバムは、と問われれば、『Yes Songs』を挙げる。LP3枚組の超弩級のアルバムなんだが、46分のHiFiのカセットテープに、LP片面ずつダビングして、カセットテレコで、カセットデッキで、家で、学校で、喫茶店で、よく聴いた。

イエスは、演奏テクニックが素晴らしく、楽曲は、プログレらしい、クラシック組曲風の長尺物が多く、その構築美たるや、芸術的ですらある。EL&Pほどコマーシャルでなく、ピンクフロイドほど叙情的で無く、キング・クリムゾンほど、ジャズっぽく、かつ思索的では無い。メロディアスなフレーズが多く、印象的なリフが満載。ちょっとマニアックな香りがするが、難解では無い。

『Yes Songs』の LPで言うA面 & B面は、聴き応え十分。オープニングは、テープにて、ストラヴィンスキーの組曲「火の鳥」より。これ、今でも、イエスのオープニングを飾っていたりする、由緒あるもの。

そして、その組曲「火の鳥」をリック・ウェイクマンのメロトロンが引き継ぎ、続いて演奏されるのが「Siberian Khatru」。このライブ演奏には「たまげた」。オリジナルは『危機』に収録されているのだが、スタジオ録音より演奏の速度が圧倒的に速く、アドリブ部のバリエーションが豊か。こちらの「Siberian Khatru」のほうが本家本元としたいくらい、目も眩むような圧倒的な演奏で、イエスは疾走する。
 
 
Yes_songs_1  
 
 
「Heart of the Sunrise」では、クリス・スクワイアのベースがブンブンブンブン唸りを上げる。これだけブンブンブンブンと重爆撃機のような唸りを上げるベーシストを他に知らない。そして、ギターのスティーブ・ハウは意外とハード。ブリティッシュ・プログレのギタリストはいずれも意外とハードな演奏で飛ばしまくる。

「Perpetual Change」などは、『The Yes Album』に収録されたオリジナルなど比較にならないほど、高度で、複雑で、印象的リフ満載、統制の取れた主旋律と柔軟な展開部。当時のロック・ライブでは冗長なドラムソロも適当な長さで耳障りにならない。バカテク集団イエスの面目躍如たる演奏。

B面ラストの『And You and I』は、イエスの構築美を代表する組曲の1曲。こちらはアドリブを排除し、決められた旋律と展開を、正確無比で圧倒的なテクニックでトレースする。

『Yes Songs』の LPで言うA面 & B面は、当時のエレクトリック・ジャズと相対する、ロックとしてのインプロビゼーションを繰り広げる。このイエスの演奏は、オフビートのノリの基本がロックンロールなので、一聴するとジャズっぽくないが、このオフビートのノリが「ジャジー」なら、当時の最先端のエレクトリック・ジャズと対峙することが出来るほど優れたものだ。

ジャズという切り口から見ても、この『Yes Songs』の演奏は非常に優れたもので、一聴に値する。ブリティッシュ・プログレって、エレクトリック・ジャズやフュージョンとの境目が無い、と思っているが、当時のこのイエスのライブアルバムを聴いてみても、改めてそう思いますね〜。
 
 
 
東日本大震災から9年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。