Yes

2021年3月 6日 (土)

Yes Songs Side E & Side F

英国のプログレ・バンド、イエスの傑作ライブ『Yes Songs』のLPでいうところの「Side E & Side F」である。

この「Side E & Side F」は、一言で表現すると「大団円」である。イエスのそのテクニック、その構成力、そのドラマチックな展開がふんだんに味わえる。これぞ、イエスの「構築美」ここに極まれり、って感じ。

Side Eの前面を占める「Close to The Edge(邦題 : 危機)」は、単純に「凄い」のひとこと。この難解な長尺物を、オリジナルのスタジオ録音よりも速いスピードで、スタジオ録音の演奏と寸分の狂いもなく、ほとんどノーミスで突っ走る。このライブ演奏は凄い。圧倒的迫力を伴った凄まじいパフォーマンス。

この「危機」は、プログレを代表する名曲である。プログレッシブ・ロックの重要要素のすべてが詰まった名曲、名演である。曲が長く(つまり長尺モノということ)、歌詞は思索的であり(つまりは理屈っぽく)、クラシックやジャズの要素がふんだんに散りばめられており(つまりはアカデミックっぽい)、しかも、変速拍子の嵐(単調でなく、バラエティに富む)。
 
Yes_songs_3  
 
Side Fは、「Yours Is No Disgrace」と「Starship Trooper」を収録。どちらの曲も、オリジナルは『The Yes Album』(サードアルバム)に収録されている。この2曲のライブ演奏は聴いていてとても楽しい。躍動感溢れる、スケールが大きく、奥行きの広い、まさにイエスらしい演奏である。

オリジナルは、テンポがややゆったりとしており、ドラマチックな良い曲ではあるんだが、なんか物足りないなあ、って感じの曲だったが、ライブでは、圧倒的テクニックで「すっ飛ばす」。

しかも、印象的な旋律、リフが満載で、どちらの曲も「やっぱり、こんなに良い曲だったんだ」と納得の演奏。このSide Fの演奏こそ、「大団円」の表現がピッタリ。イエスの真骨頂が味わえる。

前々回の記事から、ずっとイエスの傑作ライブ『Yes Songs』をA面からF面までを振り返ってみました。こうやって振り返ってみると、この『Yes Songs』は、改めて思います、大傑作ですね。イエスの演奏内容は当然のこととして、曲の並び順、長さ、録音の良さ、どれをとっても、これはもう「奇跡的な」ライブ・アルバムです。
 
 
 

東日本大震災から9年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

Yes Songs Side C & Side D

英国のプログレバンド、イエスの傑作ライブ『Yes Songs』のLPでいうところの「Side C & Side D」である。プログレならではの長尺物で、心ゆくまで弾きまくっているんだから、メンバーのソロのパートなんて必要ないだろう、と思うんだが、イエスの連中は、やるんですね〜、ソロ・パートを(笑)。

冒頭はギターのスティーブ・ハウ。4枚目のオリジナルアルバム『こわれもの』で披露したソロ・パート「Mood for A Day」を忠実に再現する。つまりは、オリジナルアルバムの演奏って、多重録音じゃあないんだよ、ってことを言いたいってこと。クラシック・ギターの奏法を彷彿とさせる「バカテク」に、思わず「息をのむ」。

続くは、キーボードのリック・ウェイクマン。ソロ・パートのタイトルは「Excerpts from "The Six Wives of Henry VIII"」なんだが、途中、ハレルヤ・コーラスが入ったりして、クラシック・マナーに則った、繊細かつ流麗、ダイナミックなマルチ・キーボードを聴かせる。ウェイクマンの手癖が満載で、このソロ・パート、高校時代から好きです。

当時、プログレのキーボードは、EL&Pのキース・エマーソンと、このイエスのリック・ウェイクマンの二人が代表的プレイヤーで、プログレ・ファンの中でも、エマーソン派とウェイクマン派に分かれていた。エマーソン派の方がメジャーだったんだが、僕は圧倒的にウェイクマン派。
 
Image  
 
この『Yes Songs』のソロ・パートを繰り返し聴いては「こんな風にマルチ・キーボードで弾いてみたい」と何度思ったことか。このウェイクマンのソロ・パートの終わりのサイレンの様なシンセサイザーの音が、次の曲「Roundabout」の前奏につながる辺りは、いまでもゾクゾクする。

いわゆるD面のラスト「Long Distance Runaround/The Fish」では、クリス・スクワイアのベース・ソロが聴ける。「Long Distance Runaround」から始まって、途中、ソロ・パートの「The Fish」(オリジナルは「こわれもの」に収録)が入って、また、「Long Distance Runaround」に戻るんだが、この後半の「Long Distance Runaround」部の終わりに、再度、クリス・スクワイアのベース・ソロが入る。

この終わりの部分のスクワイアのベース・ソロが壮絶。「これがベース・ソロか?」と疑いたくなる、一聴すると、まずは「ギター・ソロ」と勘違いするほどの「ギター・ライク」なベース・ソロ。エレキ・ベースをブンブンいわせながら、ギターの様なソロ演奏を延々と繰り広げる。とにかく凄い。エレベのジミヘンである。

この『Yes Songs』の「Side C & Side D」は、イエスのメンバー・ソロが堪能できる。それも、ライブの余興としての、顔見せ的なソロ・パートではなく、思わず仰け反ってしまいそうな、それはそれは超絶技巧な凄まじいソロ演奏を披露する。加えて、しっかりと歌心も備えていて聴き応え十分。当時のイエスのメンバーの「演奏力の凄まじさ」を再認識するのだ。
 
 
 
東日本大震災から9年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

2021年2月 9日 (火)

Yes Songs Side A & Side B

今を去ること約半世紀前、僕が高校1年生の時、プログレ小僧となって以来、一番聴いたアルバムは、と問われれば、『Yes Songs』を挙げる。LP3枚組の超弩級のアルバムなんだが、46分のHiFiのカセットテープに、LP片面ずつダビングして、カセットテレコで、カセットデッキで、家で、学校で、喫茶店で、よく聴いた。

イエスは、演奏テクニックが素晴らしく、楽曲は、プログレらしい、クラシック組曲風の長尺物が多く、その構築美たるや、芸術的ですらある。EL&Pほどコマーシャルでなく、ピンクフロイドほど叙情的で無く、キング・クリムゾンほど、ジャズっぽく、かつ思索的では無い。メロディアスなフレーズが多く、印象的なリフが満載。ちょっとマニアックな香りがするが、難解では無い。

『Yes Songs』の LPで言うA面 & B面は、聴き応え十分。オープニングは、テープにて、ストラヴィンスキーの組曲「火の鳥」より。これ、今でも、イエスのオープニングを飾っていたりする、由緒あるもの。

そして、その組曲「火の鳥」をリック・ウェイクマンのメロトロンが引き継ぎ、続いて演奏されるのが「Siberian Khatru」。このライブ演奏には「たまげた」。オリジナルは『危機』に収録されているのだが、スタジオ録音より演奏の速度が圧倒的に速く、アドリブ部のバリエーションが豊か。こちらの「Siberian Khatru」のほうが本家本元としたいくらい、目も眩むような圧倒的な演奏で、イエスは疾走する。
 
 
Yes_songs_1  
 
 
「Heart of the Sunrise」では、クリス・スクワイアのベースがブンブンブンブン唸りを上げる。これだけブンブンブンブンと重爆撃機のような唸りを上げるベーシストを他に知らない。そして、ギターのスティーブ・ハウは意外とハード。ブリティッシュ・プログレのギタリストはいずれも意外とハードな演奏で飛ばしまくる。

「Perpetual Change」などは、『The Yes Album』に収録されたオリジナルなど比較にならないほど、高度で、複雑で、印象的リフ満載、統制の取れた主旋律と柔軟な展開部。当時のロック・ライブでは冗長なドラムソロも適当な長さで耳障りにならない。バカテク集団イエスの面目躍如たる演奏。

B面ラストの『And You and I』は、イエスの構築美を代表する組曲の1曲。こちらはアドリブを排除し、決められた旋律と展開を、正確無比で圧倒的なテクニックでトレースする。

『Yes Songs』の LPで言うA面 & B面は、当時のエレクトリック・ジャズと相対する、ロックとしてのインプロビゼーションを繰り広げる。このイエスの演奏は、オフビートのノリの基本がロックンロールなので、一聴するとジャズっぽくないが、このオフビートのノリが「ジャジー」なら、当時の最先端のエレクトリック・ジャズと対峙することが出来るほど優れたものだ。

ジャズという切り口から見ても、この『Yes Songs』の演奏は非常に優れたもので、一聴に値する。ブリティッシュ・プログレって、エレクトリック・ジャズやフュージョンとの境目が無い、と思っているが、当時のこのイエスのライブアルバムを聴いてみても、改めてそう思いますね〜。
 
 
 
東日本大震災から9年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。