Eagles member solo albums

2024年1月 7日 (日)

Timothy B. Schmit『Leap of Faith』

今日などは爽やかな空気の上に、久し振りの快晴の朝。それだけ陽光麗しく、風が爽やかな日となれば「米国西海岸ロック」が聴きたくなる。僕はこの「米国西海岸ロック」の大ファンである。

米国西海岸ロックとは、特に1970年代、米国西海岸、ロスアンゼルス、サンフランシスコを中心に流行ったロックのこと。カントリー&ウエスタンやフォークなど、米国ルーツ・ミュージックをベースに、爽やかなコーラス、高テクニックの演奏が個性のロックである。

代表的なグループ、ミュージシャンとしては、イーグルス、ドゥービー・ブラザース、ジャクソン・ブラウン、J.D.サウザーなどが挙げられる。

1970年代がピークではあったが、今でも米国西海岸ロックは生き残っている。若手によるフォロワーもいるし、1970年代に活躍したバンドのメンバーがソロになって、今でも活動を続けているケースもある。今日は、この後者のケースをご紹介する。イーグルス(Eagles)のベーシスト、ティモシー・B・シュミットの、7年ぶりの新ソロ・アルバムである。
 

Leap_of_faith 

 
Timothy B. Schmit『Leap of Faith』(写真左)。2016年のリリース。昨年のことにはなるが、ロサンゼルスにある自身のスタジオでレコーディングとのことで、あの米国西海岸ロックの雄、イーグルスのベーシストのソロ盤のリリース。何だか嬉しいでは無いか。

冒頭の「My Hat」を聴くと、ああ、このアルバムは間違い無く「米国西海岸ロック」なアルバムなんだなあ、と感じる。良い音だ。切れ味の良いフォーキーなロック・ビート、爽やかなコーラス、伸びと哀愁感のあるスチール・ギターの響き。明らかに西海岸ロックである。

どんどん聴き進めて行くと、カントリー&ウエスタン風だけでは無い、R&B、そして少しのレゲエ風な曲もあって、現代の「米国西海岸ロック」な内容に思わず聴き惚れてしまう。60歳代最後の年に出された音とは思えない。曲にもボーカルにも、渋さと深さが備わったとは言え、衰えは感じられない。

イーグルスの音を、そのまま洗練して「スティーリー・ダン」風に仕立て上げた様な音作りにも感じるし、1970年代、西海岸で活躍したフォーク・ロック・グループ「ポコ」の音を今風にした様でも音作りは実に魅力的である。いや〜、ティモシー・B・シュミット健在ってことが嬉しい。現在の米国西海岸ロックの好盤です。
 
 

★東日本大震災から12年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

Timothy B. Schmit『Playin It Cool』

1970年代のアメリカン・ロックの一大潮流であった「ウエストコースト・ロック(西海岸ロック)」。カリフォルニアの爽やかな太陽と風を想起させる、カントリー・ロック風の爽やかなノリと、粋な兄ちゃん達の小粋なロック・ソングが特徴的。そして、美しいハーモニーが特徴の「ヴォーカル・ハーモニー」のフィーチャー。

Timothy B. Schmit『Playin It Cool』(写真左)を聴いて、懐かしの米国西海岸ロックに浸っている。このアルバムは、1984年のリリースなので、70年代ロックの範疇からは外れるのだが、その内容は、バッチリ70年代ロック、米国西海岸ロックの範疇に引っ掛かっている。

Timothy B. Schmitは、米国西海岸ロック伝説のバンド「ポコ」を経て、1977年、イーグルスに引き抜かれ参加。ランディー・マイズナーの後任という、ポコへの参加と同じ事情なのは、何か因縁めいたものを感じる。1979年発表のイーグルスの『The Long Run』で、Timothy B. Schmitは、かの名曲「I Can't Tell You Why」を提供している。でも、その後、イーグルスはあえなく一旦解散。

Timothy B. Schmitはソロに転身せざるを得なくなる訳だが、そのTimothy B. Schmitが、1984年に発表した初のソロ・アルバムが、この『Playin It Cool』。アップテンポなポップス調のナンバーからハードなナンバー、そして、スローなバラードまで、マルチ・タレントぶりを発揮していて、Timothy B. Schmitのボーカルも覇気が溢れ、なかなかの内容のアルバムに仕上がっている。
 

Tb_schmit_playin_it_cool_2

 
リズムは完全に1980年代ロック&ポップスで蔓延した、デジタル&打ち込み風で違和感があり、エコーもたっぷりかかっていて、どうもAORの影を追っているようで具合が悪いんだが、それぞれの楽曲の根幹は、70年代米国西海岸ロックにあって、そこを焦点に絞ると、このTimothy B. Schmitの『Playin It Cool』はなかなかに味わいがある。

70年代米国西海岸ロックのテイストを引きずった「80年代AOR的なサウンド」とでも表現したら良いだろうか。しっかりと引きずっている70年代米国西海岸ロックのテイストが魅力的に響く。

「So Much In Love」「Voices」「Take a Good Look Around You」「Tell Me What You Dream」などは、良い感じの楽曲。特に「Take a Good Look Around You」「Tell Me What You Dream」の2曲は、70年代米国西海岸ロックのテイストを引きずった「80年代AOR的なサウンド」という表現にピッタリ。タップリとかかったエコーとデジタル&打ち込み風のリズムは、ちょっと馴染めないのだが・・・(笑)。

イーグルスの再結成の際、ベーシストはランディ・マイズナーでないと、という評価もあったが、「One of These Nights」や「Hotel California」などのハードなギター中心の曲のバックで、根太で粘りのあるベース・ラインに関しては、Timothy B. Schmit のベースの方がシックリくる。イーグルスの全キャリアの楽曲を広く押さえるベースとしては、Timothy B. Schmitのベースも十分「あり」だろう。

僕は、1970年代ど真ん中ではない、1980年代に入ってからのソロ・アルバムに、Timothy B. Schmitの個性を感じる。1970年代の米国西海岸ロックを更に洗練した音楽性と彼の弾くベースは、まだまだ過小評価されているではないだろうか。しかしまあ、レトロなジャケット・デザインであることよ・・・(笑)。 
 
 

★東日本大震災から12年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

Joe Walsh『But Seriously, Folks...』

これだけジメジメした梅雨空には、爽やかな音楽が良いですね。なんだか、1970年代ロックが聴きたい気分。爽やかなロックといえば、ウエストコースト・ロック。ウエストコースト・ロックのが聴きたい。ということで、今日はこれ。

Joe Walsh『But Seriously, Folks...』。邦題『ロスからの蒼い風』。1978年の作品。ちなみにパーソネルは、Joe Walsh (g, vo, syn), Jay Ferguson (key), Joe Vitale (syn, drums, perc, fl, vo), Joey Murcia (g), Willie Weeks (b)。以上がメイン・ユニット。他に、スチール・ギターやバック・ボーカルにゲスト参加がある。

ジョー・ウォルシュ(Joe Walsh, 1947年生まれ)。1969年にハードロック・バンド、ジェイムス・ギャングでデビュー。その後、バーンストームを結成し、ソロ活動後、1975年にイーグルスに加入。イーグルス解散後もソロ活動を継続している。

1994年にイーグルスが再結成後はイーグルスを中心に活躍中。幾つかのバンド遍歴があるが、ウォルシュについては、イーグルスの最後のギタリストという印象が強い。

さて、この『But Seriously, Folks...』は、そのジョー・ウォルシュの1978年のソロ・アルバム。本家イーグルスにとって、1978年と言えば、ウェストコースト・サウンドの到達点とも言える名作『Hotel California』のリリースと、ラスト・アルバム『The Long Run』のリリースの狭間にあたる。
 

But-seriously-folks  

 
いわゆる、非常に微妙な時期のリリースだった訳だが、そんな悩ましい雰囲気は微塵も感じられない、爽快な内容の、いかにもウエストコースト・ロックらしいアルバムである。

このジョー・ウォルシュのソロ・アルバムは充実している。イーグルスのアルバム、と言って良いくらい、ジョー・ウォルシュのソロ・アルバムでありながら、イーグルスの良い部分が溢れている。

イーグルスのメンバーも参加して、全面的にウォルシュをバックアップしており、この同一メンバーが参加して作ったイーグルスのアルバムが、どうして、『The Long Run』の様な、なんだか良く判らない、散漫な内容のアルバムになったかが判らないくらいだ。

これぞ、ウエストコースト・ロックって感じがとても心地良く、演奏内容も充実していて、このアルバムは、ジョー・ウォルシュの代表作の一枚だろう。どの曲も出来が良く、アレンジも良い。ウォルシュのこぶしの効いた歌い方が実に心地良い。

邦題の「ロスからの蒼い風」も、日本のレコード会社にしては良い部類。特に「蒼い」の部分が、当時、気に入っていて、よくいきつけの喫茶店で、友達に繰り返し語ったものだ。水中でご馳走を食べる感じの、色鮮やかなカヴァー・アートも良い感じ。このアルバム、イーグルス・ファンはもとより、ウエストコースト・ロックのファンの方々には、マストアイテムだろう。
 
 

★東日本大震災から12年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

『Randy Meisner (1978)』です

ランディ・マイズナー(Randy Meisner)言えば、ウエストコースト・ロックの雄、イーグルスのオリジナル・メンバーの一人。ベース担当。1977年、ドン・ヘンリーとグレン・フライのイジメに遭い、イーグルスの中で居心地が悪くなったマイズナーは、1977年のコンサート・ツアー中に脱退。若干の休養期間の後にソロ活動を開始する。

『Randy Meisner(1978)』(写真左)。1978年の作品。ランディー・マイズナーには、自分の名前がタイトルになっているアルバムが2枚あって紛らわしいんだが(もう一枚は1982年リリース)、このソロ・デビュー・アルバムは、日本では『テイク・イット・トゥー・ザ・リミット』という邦題で発売されている。

このマイズナーの初ソロ盤、マイズナーのペンによる新曲はひとつも収められない、加えて、バックのサポート・メンバーは、名は売れていないが、腕の良いスタジオ・ミュージシャンが中心。J.D.サウザー、バイロン・バーライン、デヴィッド・キャシディー、ヴィクター・フェルドマン、マーティー・ペイチなど、有名なロック畑のミュージシャンと、一部、ジャズ畑のミュージシャンが参加しているところが「通好み」。

腕が良いのが演奏通じて判るくらい、バックのサポート・メンバーは充実していて、演奏自体はシンプルなんだが、味のある演奏で結構、良い感じ。このシンプルな演奏が、ロックの原点に戻っているようで、意外と聴き答えがある。ウェストコースト・ロックって、こういうシンプルな演奏の方が「らしく」て良い。
 

Randy-meisner_album

 
収録されたカヴァー曲は、意外にもR&B系の曲が多い。マイズナーの好みなんだろう。ドリフターズのヒットで有名な「Save The Last Dance For Me(ラストダンスは私に)」にはニヤリ。エリック・クラプトンが取り上げたことでも知られる「Please Be With Me」はとてもいいカヴァー。ジミー・ソウルのヒット曲だった「If You Wanna Be Happy」も良い出来。確かにカヴァー曲だけでも結構楽しめる内容になっている。

収録曲の中での最大の聴きものは、イーグルス時代のマイズナーの代表曲である「Take It To The Limit」の再演。この曲、イーグルスでの、ストリングスが分厚く荘厳で壮大なアレンジは、ちょっと「トゥー・マッチ」と感じていた。しかし、このソロ盤でのセルフ・カヴァーはピアノとアコギだけをバックにしたシンプルなもの。マイズナーも丁寧に感情を込めて唄い上げていて、しみじみと聴ける、感じ入る。

リリース当時、我が国のロック評論家筋では、アルバム自体の評価はあまり芳しいものでは無かったが、振り返って聴いてみると、そんなに酷い内容では無いどころか、ロックの原点に戻った様なシンプルな演奏は、本来のウェストコースト・ロックらしくて良い。

そんなシンプルな演奏と共に、マイズナーの「爽やかさと切なさが同居した味のあるボーカル」を楽しむことが出来る。 僕の中では評価の高い、ウェストコースト・ロックの佳作の一枚です。

 

★東日本大震災から12年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。
  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ
    ジャズ喫茶『松和』は、ネットで実現した『仮想喫茶店』。マスターの大好きな「ジャズ」の話題をメインに音楽三昧な日々をどうぞ。このブログがメインブログです。